HOME > お知らせ > コロナ対策について

ニュース内容
Content of news

コロナ対策について

2020年5月18日

 

■予約定員の制限

人が密集しないように、可能な限りにおいて予約人数を制限致します。

ご希望時間の変更の提案やお断りする場合もございます。 

 

 体調の管理

自宅出発時、及びダイブツアー出発日毎朝のお客様の健康チェック できたらお客様に上記のタイミングで体温測定していただき、37 度以上の発熱、もしくは全身 倦怠感、咳、喉の痛み、風邪のときのような頭痛腰痛、胃腸炎時のような吐き気や下痢、そし て嗅覚異常がある場合は参加を取りやめていただくお願いを致します。 ホテルで朝上記症状がある場合、ホテル自室でお休みいただき外出自粛をお願い致します。

 

 送迎時 

車の窓は全開で換気をしスタッフはマスク着用、そして車の清掃を 車のドア、ハンドル、シフトレバーなど、スタッフとお客様がよく触る場所は11回は70% 濃度以上のアルコールもしくは次亜塩素水で 拭き掃除を致します。極力お客様にのマスクの着用をお願い致します

 

 ドリンクサービスについて

コップはお客様同士で共有しないように。使い捨ての紙コップで提供させていただきます。

尚、お客様に個別に蓋付きの水筒を持参してもらうのも良いかと思います。

 

 そもそもあまり例がありませんが、バディブリージングは当面禁止と致します。

 

 お客様の器材洗浄時の注意 

鼻口にウイルスが潜んでいますので、それが接着した器材(マスク、スノーケル、レギュレー ター)は、共用の水槽に付けないようにお願い致しております。 水槽内でウイルス汚染の危険がでます。当面ホテルに持ち帰ってから個別に洗っていただくようお願い致しております。メッシュバック、BC,ウエット、フィンは通常の洗い方で問題ないです。

 

 レンタル器材の消毒  

マスク、スノーケルは 0.1%次亜塩素酸水に 10分以上浸してから水洗い致します。レギュレーターに関しては、マウスピースを外してそれを上記同様消毒します。セカンドステージ本体内部にもウイルスは残りますが、金属には次亜塩素酸水は金属腐 食作用があるのでセカンドステージには使用することができません。 なので、セカンドの消毒方法につきましてはメーカーさんに発信していただくようお願い中で すが、とりあえず金属とプラスティックについたウイルスは3日で死滅するとの報告があるの で、水道で内部を念入りに洗浄した後乾燥放置を3日以上すれば次の方へ貸出しても大丈夫かとの指導を受けております

上記の観点より極力ご自身の器材をお使いいただく事が最善かと思います

 

 お客様に3密を避けてもらう配慮をお願い致します。宿泊施設で、朝食時に混み合う時間に食べる羽目にならないよう、ダイビングの出発時間に余 裕を持つご配慮をお願い致します。

夕飯も混む時間を避けて食べに行ったほうが安心ですので、通常3ダイブの ところを2ダイブにする決定も場合によってはあるかもしれません

 

上記いずれをとりましてもお客様のご理解とご協力がないと成り立たない事でございます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 ドロップイン

代表 太田 剛

 

前のページへ

Copyright (C) 2010 沖縄ダイビングサービス・ドロップイン. All Rights Reserved.